読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feuer!Sperrfeuer!Los!Achtung!Deckung!Hinlegen!Halt!

〜愚痴というよりは思案。〜(本当にひとりごとなのでこれについてはシカトしていいです)

自分の作業のやり方が悪くて朝番の人が作業をやり直すことになって、それは悪いと思ってるし、そのやり直ししたSさんには悪く思われても仕方ないとは思ってるんだが…

Sさんに挨拶を無視されるという展開になるとは思ってなかった

ちなみにSさんがやり直ししてくれたんだよ〜とわしに伝えてきたのは社員ね

挨拶ではなく、出会い頭に「この間はごめん!」から入ればよかったなと今になれば思うのだが、

まあ…

仕方ないけどさ…

朝番の人と遅番のわしは会う機会が少なく、そのやり直し作業があった日からはたぶん一週間くらい経ってからやっとSさんに会うことになったわけだが、謝るタイミングを逃した。で、向こうは無視。

無視されるって学生の時以来なんじゃないかな。

ほかの朝番の人ならば、無視という形は取るまい。こっちに直接注意してくる人もいれば、何も言ってこない人もいるだろう。

Sさんはパートの中でもかなり年上の方。孫もいる。うちの職場では後輩の方だが。わしは無駄に長くこの職場にいるから…

わしがだいぶ先輩ではある、が、わしはいまだに下っぱ中の下っぱ。なにせなにせ、簡単な作業ができなくて他の人がやり直ししてるくらいだ。なんにも威張れない、そんな人間である(人材とはとても言えない)

以前別な人とSさんが喧嘩した時Sさんは「もう▲▲さんとは口聞かない!」って言ったらしく、周りの人は「小学生かよ」と心の中でツッコんだらしいのだが、

わしもSさんの「あの人とは口聞かないリスト」に入れられたのかしら。どうしよう、謝れないわ

〜戦場へ!前線へ!そして死の淵まで! 命捨てた覚悟を示せよ!〜

さてこの間ミスったため書類を書かねばという話をした。9割がた終わったのだが…

今回それを書くBGMにしたのがターニャ・デグレチャフ(CV悠木碧)の「Los!Los!Los!」

ユルセン「なんでそれなんだよ」

たまたま、最近買ったのだ。どうしてもカラオケで歌ってみたかったのだ。

まあ職場は戦場だとは思ってはいるが、軍人にはなれないな。えむ軍人は。

ユルセン「軍人なのかそうでないのかどっちなんだよ」

わし「はいユルセンちゃんコーヒー」

ユルセン「うむ」

ユルセンちゃんとターニャ・デグレチャフ少尉の声は一緒の人。

ユルセン「つゆちゃんと呼んで」

添付してる画像はまたすめしんとこからパクってきた。