読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親バカ日誌…春は筍なのだ篇

 ここ2、3年、春の恒例行事になりつつあるなぁ。

 マンション裏に竹藪があり、タケノコを掘っているのだ。妻は春はタケノコを食べないと気分が出ない、という人だし、息子shu-2は掘ること自体を楽しみにしている。3月くらいから、竹藪のそばをとおるたびに、

「そろそろタケノコほれるんじゃない?」

「まだ早いだろう」

なんて、話をしていた。

 なんとなくゴールデンウィークあたりかな、と思っていたんだけど、昨日息子にせかされていったみたら、けっこう出ていました(笑)。

 前のスコップ(というか、いしょくごて、か)はぐにゃぐにゃになってしまったし、用意はしてなかったんだけど。

             

 家にもどって、適当な金属の金具とかドライバーで努力してみる(苦笑)。

             

 ドライバーとかで土をやわらかくしては、息子が土をどけていくという地道な作業(苦笑)。タケノコが出るのはそういう地面なのか、たまたまなのか、このあたり粘土質でものすごく土が固いんだよね。

             

             

 苦労に苦労をかさね、そろそろどうだろう、と思ったらパキっと大事なところから折れてしまいました(泣)。

 結局近所のイオンで少しでも丈夫そうなスコップを買い(100均しかなかったけど)、とってかえして、苦労しながら5、6本掘ってきました。

             

 大きめのも努力して掘りましたが、妻によるとあんまり大きいと固いとのこと。イオンなんかで売ってるのは、けっこう立派ですけどね。

 タケノコは掘るのもたいへんですが、料理するのもたいへん。

 穂先を落として、切れ目をいれるところまでは、わりと力が必要なので私が担当。

 そのあと妻にバトンタッチ。ヌカといっしょの圧力なべで15分くらい煮るとゆってました。

 そしてこの日の晩ごはんは当然(笑)、

            

 定番のタケノコ料理ほか、

            

            

 たいへんおいしくいただきました(笑)。

 この春、もう少し掘れるかな。