読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクのエンジンオイル交換

4月12日(水)は久し振りに おじ3バイクに乗ろうと思ってバイクを引っ張り出して、エンジンをいつもの様にかけてアイドリングさせておこう♪とキーをONにしてセルを回したが、いつもの様にすぐにエンジンは始動しない

・・・アレ・・・と思いモウ〜一度セルをしつこく回すも一向にウンともスンとも言わず〜ww

以前バイクを転倒させてエンジンをかけた時にも少し始動が悪い時があった!

その時にはセルを回しながらアクセルを少し開いたらエンジンがかかったのを思い出して、同じ様にやるもウンともスンとも言いませんww

何だよ〜!!・・・このバイク2400Km走行時と新車に近い良い状態で買ったのに〜モウ〜故障かよ〜、、、と少し落胆しながら、おじ3の脳内では『プラグかな?』と考えて〜家の中に置いてあるいつもツーリングへ行く時に背負っているリュックの中に入れてあるプラグレンチとスペアプラグ等の工具を外へ持って来た。

それと、KLX250のプラグがある場所は少し凹んでおり、ゴミが入り込んでいるのにプラグレンチでプラグを緩めて抜くとエンジン内にゴミが入ってしまい故障の原因となってしまうので、エアーで吹き飛ばそうと自転車用のポンプも〜持ってキター━━━ヽ(*゜∀゜)ノ━━♪

プラグキャップを外すのも結構大変だった!チョッと抜きにくい。

プラグレンチを差し込むと・・・

おじ3の今のKLX250は中古車で買ったから!?・・・メーカーが新車に付属させている工具はなかった!それでヤフオクで中古の工具を見つけて買っておいてつくづく良かったよなぁ〜

そして、これまた〜アマゾンで見つけて安価に買えたプラグレンチを回すのに楽な様に♪と買っておいた、ラチェット式メガネレンチをプラグレンチの頭にセットして緩める方向へ〜

プラグが外れました。・・・左が外したプラグで、右がスペア用にこのバイクを買ってまもなく新品プラグをバイクワールドで買い、交換して工具と一緒に入れておいたモノなのだ。

外見からは特に湿っていたり、黒く焦げていたりはしていないが、ある日突然トアエモアの歌の様に〜ww・・・ダメになる電気部品なんだろうなぁ〜〜ww

そしてプラグをセットし、期待のエンジン始動デス♪

案の定今迄の様に一発でかかりましたよ〜〜

このプラグはおよそ7000Km位は使っていたのかなぁ〜

・・・バイクのプラグってぇ〜一体何キロ位持つものなのだろうか??

おじ3ネットをググったら〜こんなん出てキター

■バイクプラグの交換時期計算式

交換時期(万km)=10000÷常用回転数(rpm)

ここで、

■ 10000という数字は、定数と考えてください。

■ 常用回転数とは、あなたが普段バイクや車を運転している時に、タコメーターが示している、平均的な回転数のことです。

■ 使用するプラグは、白金もしくはイリジウム電極のものとしています。今は、これが完全に主流ですから(^_-)

もし、ノーマルプラグであれば、定数を5000にしてください。

おじ3のプラグはノーマルプラグだから〜5000が定数だな。

5000÷6000(rpm)=0、833 。。。成程〜ソロソロ交換時期だったのかなぁ〜ww

そして、無事いつもの様に走れる様になり、おじ3はダメになったプラグをライダージャケットのポケットに入れてバイクワールドへ向かった。

そして、友人のY氏にいきさつを話しながらダメになったプラグを見せたら〜プラグキャップを差し込む上の電極が少し曲がっているのをY氏が見つけた〜

新しいスペアのプラグを買い、ついでにエンジンオイルとフィルターを交換してもらう事にした

オイルは量り売りのモチュールを選択しました。

バイクをリフトに載せて〜エンジンオイルを抜きながら〜オイルフィルターを外しマス。

前回には、一番安いエンジンオイルを交換してみたのだが、ギアチェンジ時に少し引っかかる感じとなり、やはり一番安いエンジンオイルは使わない方が良いな!と痛感したので、今回はモチュール製のを選択した訳なのだった。

エンジンオイルは300Km走って結構汚れていた。

流石に毎回こういったプロ用のリフトとかに載せて作業を色々出来るとやり易くて〜良いなぁ〜。。。といつも思うんだ〜♪

新品のオイルフィルターを入れて、蓋をしめますナ。どの穴からオイルが出て来て、どの穴へ流れて行くのか!?・・・等を〜Y氏が親切に教えてくれマス♪♪

そうしたら〜今度はエンジンオイルを注入ですナ。

8528Km走行時に交換ですナ。

新品のプラグ1本とエンジンオイル(1、5L)とオイルフィルターと工賃込みで合計【4000円】位でした〜(^_-)-☆

全ての作業が終わると〜Y氏が「リアショックのスプリングのテンションを少し変えてみよう♪」と〜標準位置から少し柔らかくなる方へ〜

少しスプリングが柔らかく作動する感じの位置にセットして〜おじ3は走り出した〜。

バイクワールドからは比較的近い鬼怒川の河原を目指して走って行ったのデス。♪

。。。と、言う処で〜今回は 終わり マス。