読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実習初日でした

昨日は、先日面接に行った障がい者施設の

実習の初日でした。

ここの施設、3階が重度心身障がい者のフロアで

4階が知的障がい者の作業所的な空間になっています。

それで昨日は3階を担当させていただいたのですが、

まだ初日と言うことで、見学中心でした。

普段、自分がやっている食事介助や排泄介助、トランス介助などを、

ただ見ているだけっていうのが、不思議な感じでした。

私は基本、介護が好きなので、やりたくてうずうずしてみていました。

そんなに介護が好きなら、

今の高齢者施設の仕事を辞めなければいいじゃない、

っていう声が聞こえてきそうですが、

今の施設は利用者50名を職員5〜6人で看ている状態です。

なので業務に追われて、利用者の話もゆっくり聞いてあげられないし、

職員の都合で長い時間待たせたり、

職員のペースで仕事したり、利用者主体じゃない仕事にうんざりなんです。

その点、今実習に行っている施設は、

昨日なんて利用者13名に職員が10名もいて、

手厚い介護ができます。

食事介助もマンツーマンでできるし、

排泄介助も職員1人あたり2人くらいしかしません。

とってもゆとりのある利用者主体の介護ができます。

それに何よりも、利用者さん皆さま

とてもピュアで、笑顔が素敵なんです。

レクリエーションなんて、本当に楽しそうにします。

私はこの笑顔を大切にしていきたいなと思いました。

なので、是非働かせていただきたい。

でも実習5日間しないと採用してもらえないそうなで、

実習5日間がんばります。